スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴州省の旅1日目 ?苗族とクリント・イーストウッド? 

社会人になって何が辛いって、まとまった休みがとれないことである。
今回は土日あわせて9日間の貴州行き、久しぶりの中国国内旅行に
やや興奮しているのか、前日は珍しく寝つきが悪かった。

早朝の飛行機で貴州の省都、貴陽に向かった。

機内にて目にした光景;
不機嫌な空姐(フライトアテンダント)たち
離陸直前にトイレに駆け込む乗客
それを注意しない空姐
飛行機が滑走路に入り、慌ててトイレの客を怒鳴り散らす空姐
それでも出てこない客(結局この客はトイレの中で離陸を迎えた模様…)
乱気流だというアナウンスが流れると同時になぜか席を立つ中国人客たち
3時間弱のフライトにも関わらずありえないほど汚くなったトイレなどなど。

大都市間の移動では、めっきり見ることが少なくなった傍若無人な乗客が
貴陽行きの便にはまだ多い。これぞ中国!Vivaチャイナ!この旅は期待
できそうだという予感がする。


DSC_1702.jpg


貴陽で慌しく昼食を済ませて、すぐに今回の旅のベースとなる、凱里にバスで
向かうことにした。凱里のCITSという旅行社に情報収集に向かうと、苗族の
Billyさんが応対してくれた。彼の話しが非常に面白く、1時間以上も長居。
苗族の村のシャーマンの話し、外国人旅行者が不注意に道端の聖霊の宿る
ものに触れ(実際触れたものが何だったのか、私の中国語レベルでは分から
なかった)正気を失ってしまった話しなど、神秘的な話しは尽きない。

そうそう、苗族というのは漢族の呼称で、苗族=モン(H’mong)族である
ということも彼から教わった。クリント・イーストウッド監督の映画「グラントリノ」
(超おススメ)はアメリカ退役軍人と移民したベトナム系モン族の物語
だったが、モン族とは彼らのことだったのか!久しぶりに一つ利口になった
気がする!

グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]
(2009/09/16)
クリント・イーストウッドビー・バン

商品詳細を見る


旅のお役立ちデータ:
CITS凱里
www.toguizhou.com
Billyさん、英語、普通語OK
他に日本語が話せるスタッフもいるらしいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ricoinbeijing.blog63.fc2.com/tb.php/107-80f0df7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。