スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴州の旅 6日目 ?闘牛見物? 

今日は舟渓鎮に向かう。郎徳の宿の息子が食い入るように闘牛の番組を
見ていたことから、苗族が闘牛好きであることを知り、Billyさんに事前
に情報収集しておいたのである。全く今回の旅では彼にお世話になり
通しだ(ツアーに参加する訳でもないのに、惜しみなく情報を与え
てくれる彼に感謝!)。

闘牛に参加する牛は農作業等に一切従事させず、戦うための訓練をさせら
れるのだという。闘牛は集落の威信をかけた一大行事のため、この日は
老いも若きも総出で応援に駆けつけるようだ。ちなみに今回の一等賞金は
2000元だとか。

この日は20頭近くの水牛が集まった。会場の河原沿いの山肌には、ぎっしり
と見物の村人がつめかけている。


勝負開始。いつもはおとなしくみえる水牛も、勝負のときは目をギラギラ
させている。

DSC_2381.jpg



勝負が白熱して見物人の方に突進してくる場合もあるので、私達は
あまり近づかないことにした。

DSC_2406_convert_20090912230056.jpg



5分で決着をつけるのがこの日のルール。5分過ぎたら足にロープをかけて、
水牛を引き離す。

DSC_2386_convert_20090912234859.jpg

初めての闘牛見物、不思議な高揚間高揚感をもって会場を後にした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ricoinbeijing.blog63.fc2.com/tb.php/112-b987f9de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。