スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Riverdanceの夜 

いっとき日本でも話題を呼んだ
Riverdance
の北京公演に行って来ました。


会場は北京展覧館内に位置する北展劇場。
R0011133.jpg
1954年、まだ中ソが蜜月にあった時代に
ソ連の技術協力で建てられた建築です。


Riverdanceでクローズアップされるのは
アイリッシュステップダンスといわれる
ジャンルの踊り。
上半身はほとんど動かさず、
打楽器のように足でステップを
踏んでいきます。

打楽器って楽器の中で
最もプリミティブなものと
聞いたことがあるのですが、
だからでしょうか、
リズムに誘われて、
エネルギーがお腹の底から
湧き上がる感覚にとらわれました。

それと私は踊りを観るとき、
たいていは女性の動きに
目を奪われることが多いのですが、
Riverdanceではその逆。
女性ダンサーはそっちのけで
「やばい!」「かっこよすぎる?!」
と熱狂してしまいました。。。
こういうとき、中国人はノリが良いので、
興奮気味の自分1人が浮くこともなく、
たいへんよろしい


   *   *   *   *

さていよいよ春節ですね!
中国組の皆さんは色々ご旅行の予定を
立てられているのではないでしょうか。
私も旅行のため、しばらく更新途絶えます。
合い言葉はNamaste?

それでは、良い旧正月を?。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ricoinbeijing.blog63.fc2.com/tb.php/188-aa651121

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。