スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のドラマ製作者に情報更新をお願いしたい件 

私の友達の中国人は外国人と付き合うくらいだから
わりと進歩的なのですが、一般の中国人とは
少し温度差があるかもしれません。

そこでいわゆる「老百姓(一般庶民)」の代表として、
私が日々会話を楽しんでいるのは、タクシーの運転手さん
だったりします。
R0011433.jpg

私が日本人と分かるといろいろ質問攻めに
あうのですが、昨日の運転手さんは色んな意味で
典型的でした。

「日本人は毎日和服を着るのか?」

「日本人は床に座って食事するんだろ」

「日本人は旦那さんにご飯を食べさせてからじゃないと、
奥さんは食事できないんだよな?」

「日本は妻の他に愛人を持つことを認めているんだろう」

↑妻公認のお妾さんがいる戦争ドラマを見たらしい…

などなど、いつの時代だよといいたくなるような
質問のオンパレード。

で、途中で運転手さん奥さんに携帯電話をかけて、

「おー、お前か、今な、日本人の友人としゃべってるんだよ。
どうせ、お前日本語なんか一言もしゃべれないだろうけどな。
え?しゃべれる?ちょっと待ってろ」


と私に携帯を渡すので、電話に出てみたところ、
奥さんが口にした言葉は


「バカヤロー!」


      *     *     *


80後(1980年以降に生まれた世代)あたりは
既に日本のドラマや映画に親しんできているので、
もう少し違った日本観があるのですが、
こちらの運転手さんは推定50歳。
いまだに中国で盛んな戦争ものドラマの影響を深く
受けておりました。
そしてドラマの中の軍人は未だに「ミシミシ」と
「バカヤロー」なんですね。これ、10年前と変わってない。
※ミシミシ:「飯、飯」が訛ったもの

中国でドラマ製作に携わる皆さんに
そろそろ情報の更新をお願いしたいものです。
中国を活躍の場にされている日本人俳優の方も
等身大の日本人を演じたいと思うけどな?。

スポンサーサイト

コメント

ミシミシ

そうそう!バカヤローとミシミシ!!昔良く聞きました…

新疆に行った際、仲良くなった回族の料理人からもよく「ミシミシ・トゥルトゥルバー(ご飯もっと食べろ)!」とか言われてました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ricoinbeijing.blog63.fc2.com/tb.php/202-43b2d8b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。