スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲテモノ料理は、お好きですか? 



シンガポールでお世話になっていたIさんが北京入りし、夜ご飯を一緒にという
ことで、王府井で待ち合わせ。
ゲテモノ料理がまんざら嫌いでもない、チャレンジャーIさんは、早速王府井
小吃街にて活きのいい「サソリ」「タツノオトシゴ」をお買い上げ。
その後、簋街(別名:鬼街)に移動して、花家怡園にて「ザリガニ」まで!


鬼街は1.5キロにわたって約150軒ものレストランが軒を連ねる活気ある街
です。もともとはザリガニを食べる予定ではなかったのですが、

「鬼街の名物はザリガニ料理らしいですよ!」

と、私が要らぬ入れ知恵をしてしまったため、食べるはめになったのでした。

食べてみて・・・やっぱりゲテモノというのは、特においしいものではないな、と。
うちの近くにだって、昔はいっぱいザリガニいたもの。おいしければきっと、
家庭料理としても普及しているはずですよね?
普及しないのには訳があるなという、お味でしたねこ


ゲテモノ料理でおいしかったものといえば、たしかこれまたIさんとご一緒した
タイで食べた蟻の卵のオムレツくらいかな?

次はどこで、どんな食卓を一緒に囲めるか、楽しみでもあります。



お店データ:花家怡園(四合院店)
住所 北京市東城区東直門内大街235号(雍和宫大街付近)
TEL 64051908
お味:★★★☆☆
値段:ごちそうになってしまったので不明

関連記事: カメラ片手に夕涼み ?王府井小吃街?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ricoinbeijing.blog63.fc2.com/tb.php/73-35dd8255

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。